法人向けニューコムメールマガジン

ユーザー事例に九州旅客鉄道(JR九州)様を掲載 ⇒ Excel I/Fの「 勘定明細内訳システム 」を短期間で構築! / ニューコムメールマガジン 第47号

■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニューコムメールマガジン 第47号 2016年10月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■
※ 本メールは、過去に株式会社ニューコムの出展した展示会/セミナー等に
ご参加いただいた方、資料請求をいただいた方、弊社担当と名刺交換させて
いただいた方、弊社製品をご購入いただいた方に配信しております。
また、本メールは、貴社のシステムをご担当されている方に転送して
いただいて結構です。貴社の業務システムのお役に立てれば幸いです。

《 INDEX 》
■ 1.ユーザー事例に九州旅客鉄道(JR九州)様を掲載
⇒ Excel I/Fの「 勘定明細内訳システム 」を短期間で構築!
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/usrvoice/jr_kyushu.html

□ 2.11月の「dbSheetClientプレゼンセミナー」開催案内
(11/9:名古屋)(11/22:東京)(12/8:博多)
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/index.html

………………………………………………………………………………………………
■ 1.ユーザー事例に九州旅客鉄道(JR九州)様を掲載
⇒ Excel I/Fの「 勘定明細内訳システム 」を短期間で構築!
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/usrvoice/jr_kyushu.html
………………………………………………………………………………………………

  この度、dbSheetClientをご導入いただきました、九州旅客鉄道(JR九州)様
のユーザー事例を掲載しました。JR九州様は、1987年の創立で、ご存知の皆様
も多いと思いますが、本日(10/25)が株式上場の日になります。

 □勘定明細内訳システム
・利用者:49部門 / 約200名
・利用拠点:九州全域及び東京、沖縄、他
・システム概要:
当社では、四半期毎に各部門の未収金、未払金等の仮勘定残高の内訳および
増減理由を整理しており、整理後の勘定明細内訳(Excelファイル)を財務
部門にて集約管理していました。財務部門では、各部門から集約した勘定
明細内訳を会社決算残高と照合し、分析を行っていますが、決算期という
繁忙時期に同業務が発生するため、集約・照合作業について、dbSheetClient
を使って、「勘定明細 内訳システム」を構築して業務の効率化を図りました。
...詳しくは、下記URLをクリックしてください。

 ▼九州旅客鉄道株式会社(JR九州)様のユーザー事例
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/usrvoice/jr_kyushu.html

 ▼九州旅客鉄道株式会社(JR九州)様のHPは、下記URLをクリックしてください。
http://www.jrkyushu.co.jp/index.jsp

………………………………………………………………………………………………
□ 2.11月・12月の「dbSheetClientプレゼンセミナー」開催案内
(11/9:名古屋)(11/22:東京)(12/8:博多)
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/index.html
………………………………………………………………………………………………

  現場の業務ではExcel(エクセル)やAccess(アクセス)が非常に多く使用されて
います。そこでExcelやAccessの中に保存された現場のデータを、もっと全社
レベルで簡単に参照/更新できないものかと考える方も多いのではないでしょうか。
その場合、ExcelやAccessをそのまま業務システムにすることで実現できます。

  dbSheetClientを使った業務システムでは、既存のExcelやAccessをそのまま
フロント画面に使用でき、コストを抑えて、短期間で導入することができます。

  是非、お気軽にセミナーにご参加ください。ご参加お待ちしております。

 <11/9:名古屋>
□dbSheetClientプレゼンセミナー(名古屋会場)
◆開催日    2016年11月9日(水)
◆開催会場   Pinetreeビル 2階会議室
名古屋市中区丸の内2-19-32 Pinetreeビル2階
◆開始時間   受付開始: 13:15~
◆セミナー時間 13:30 (開始) ~ 17:00 (終了)
◆参加費     無料
詳しくは、下記URLをクリックしてご確認ください。
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/aichi_pre19.html

 <11/22:東京会場>
□dbSheetClientプレゼンセミナー【東京会場】
◆開催日    2016年11月22日(火)
◆開催会場   アットビジネスセンター 301号室
東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル 3階
◆開始時間   受付開始: 13:00~
◆セミナー時間 13:30 (開始) ~ 17:00 (終了)
◆参加費     無料
詳しくは、下記URLをクリックしてご確認ください。
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/kanto_pre32.html

 <12/8:博多会場>
□dbSheetClientプレゼンセミナー<博多会場>
◆開催日    2016年12月8日(木)
◆開催会場   JR博多シティ会議室 小会議室(E+F)
福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ10F
◆開始時間   受付開始: 13:15~
◆セミナー時間 13:30 (開始) ~ 17:00 (終了)
◆参加費     無料
詳しくは、下記URLをクリックしてご確認ください。
http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/fukuoka_pre7.html

━━■□ 編 集 後 記 □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年も、残すところ2ヶ月になりますね。

10月31日は、何の日・・・

最近は、ハロウィン、あるいは、ハロウィーンが、年中行事に定着しつつ
あるように感じます。

皆様の回りではいかがでしょうか。

さて、秋の行楽シーズンですが、

行楽のお供に、清涼飲料を購入される方も多いと思います。

そこで、ちょっと、豆知識として、下記について、ご興味があれば
ご覧ください。(一般社団法人 全国清涼飲料工業会のWebサイトから)

清涼飲料水Q&A【豆知識(甘味料・歴史などについて)】

Q:ペットボトル飲料はいつ発売されたの?
Q:ポリエチレン容器の始まりは?
Q:日本でコーラ飲料が誕生したのはいつ?
Q:コーヒー飲料の始まりは?
Q:スポーツドリンクはどのようにして生まれたの?
Q:紅茶飲料が販売されるようになったのはいつ?
Q:ウーロン茶飲料はいつ発売されたの?
Q:緑茶飲料が飲まれるようになったのはいつ?
Q:ブレンド茶はどのように誕生したの?

http://www.j-sda.or.jp/ippan/qa_view.php?id=139&cat=8

また、生産統計にもご興味があれば、

・1人あたりの消費量推移
http://www.j-sda.or.jp/statistically-information/stati03.php

・清涼飲料水の生産量推移(1996年~2015年)
http://www.j-sda.or.jp/statistically-information/stati02.php

・清涼飲料水品目別生産量推移(1996年~2015年)
http://www.j-sda.or.jp/statistically-information/stati04.php

・2015年容器別シェア(生産量ベース)
http://www.j-sda.or.jp/statistically-information/stati05.php

・容器別生産量推移(2003年~2015年)
http://www.j-sda.or.jp/statistically-information/stati06.php

行楽地などで、清涼飲料をお楽しみください。

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは、次号もお楽しみに!

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
< メールマガジンについて >。

▼弊社の個人情報保護に対する取り組みは下記をご覧下さい。
http://www.newcom07.jp/privacy/

▼その他ご不明な点、ご要望などはこちらから
https://www.newcom07.jp/contact/

▼△▼会社情報、製品の詳細はHPをご覧下さい▼△▼
http://www.newcom07.jp/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行・編集: 株式会社ニューコム 企画室  
〒330-0061 さいたま市浦和区常盤7-3-16  
TEL.048-815-8460 FAX.048-825-5518  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

レイアウト調整
お問い合わせフォームへ

Copyright © NEWCOM Inc. All Rights Reserved.
デザイン要素