dbSheetClientの機能や使い方を紹介する無料セミナー | dbSheetClient2018 機能紹介セミナー東京会場

電話でお問合せ

  dbSheetClient 2018機能紹介セミナー
開催日:2018年1月17日(水)
開催場所:東京都
参加費:無料

セミナーへの申込みはこちらへ

日程と会場

■セミナー名 dbSheetClient2018 機能紹介セミナー 【東京会場】
dbSheetClientユーザー様向けセミナー
■開催日 2018年1月17日(水)|(申し込み締切日1月16日)
■開始時間 受付開始: 12:45~
セミナー時間: 13:30 (開始) ~ 16:30 (終了)
■持ち物 ・可能な方は、パソコン(ノートPC)をご持参ください。
・筆記用具
■参加費 無料
■定員 20名
※定員になりましたら、受付を締切らせていただきます
■会場
会場名:
アットビジネスセンター東京駅 203号室
会場住所:
東京都中央区京橋1-11-2
八重洲MIDビル 2階
 1階に「肉のハナマサ」が入っているビル
連絡先:
03(5465)5506
各席にお飲み物がございます。(お茶ペットボトル)
■会場アクセス ・JR東京駅(八重洲口)より徒歩約6分
・都営浅草線「日本橋」駅より徒歩約5分、「宝町」駅より徒歩約4分
・銀座線「京橋」駅より徒歩約5分
・銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩約5分
・日比谷線「八丁堀」駅より徒歩約8分
※アクセスに関する詳細は会場ホームページをご覧ください。»


大きな地図で見る

※QRコードをご活用ください(モバイル端末等)。


セミナーへのお申し込みはこちらから

セミナー概要

dbSheetClient2018の詳細説明
   7月にリリースいたしました「dbSheetClient2018」の機能を紹介いたします。すでに、dbSheetClientを導入していただいたユーザーの皆様に、より活用できるシステムを構築していただけるように、ご説明したいと考えております。最新Ver8.0.1.0とサンプルプログラムを参加企業様にご提供いたします。奮ってご参加ください。お待ちしております。

プログラム

dbSheetClientプレゼンセミナーのプログラム
13:30~
         16:30
(途中休憩あり)
プログラム内容については部分的に変更する場合がございますので、予めご了承ください。
dbSheetClient2018の紹介
・dbSheeClient年間保守サポートの変更について
・dbSheetClient2013、2015⇒dbSheetClient2018への移行手順について
・マニュアルの提供方法
SetupManual.msoでの提供に変わりました。
また、上記セットアップをしない場合は、サーバより最新のマニュアルをPDFで参照できるようになりました。
・追加された新規タスクタイプ
1) 10110:SQL展開
2) 40300:変数演算
3) 53200:オートフィルター
4) 60310:セル情報取得
・改良されたタスクタイプ
1) 10100:SQL実行  :展開モードとして、「列名を指定して展開する」機能を追加しました。 
2) 40200:条件判定分岐:条件式として  ‹ ›、‹、 ‹=、 ›、 ›= が指定できるようになりました。
3) 44100:メッセージ表示:条件式として  ‹ ›、‹、 ‹=、 ›、 ›= が指定できるようになりました。
・プロジェクト変数、タスクセット変数が利用可能
プロジェクト設定画面ではプロジェクト変数、タスクセット設定画面ではタスクセット変数を追加 することができるようになりました。
・変数演算のための51種類の関数を新設
1) 論理関数(AND、IF、NOT、OR)
2) 日付/時刻関数(ADDDAY、DATE 、DAY 、TIME 、TODAYなど)
3) 文字列操作関数(ASC、CHAR、FIND、LEN、MID、REPLACE、SEARCHなど)
4) セル参照関数(ADDRESS、CELL、COLUMN、RANGE、ROW、ENDROWなど)
※変数演算のテスト実行が可能になりました。(V8.0.1.0以降)
・IOTG機能の改良
1) オートフィルター制御を追加し、オートフィルターによる抽出を可能にしました。
2) SQL実行 → コピー(すべて) → SQL展開 への処理ロジック変更により、読込レスポンスを改良しました。
・定義できるボタン数を100個まで増やしました。
・操作性の改良
ブックの一括アップロードに対応しました。
・処理スピードの改善
新しく追加されたSQL展開、変数定義、変数演算のタスクタイプを利用することで、スピード改善を図ることが可能になります。
・.NET Framework 4.x  に対応
.NET Framework 4.x対応し、Windows 10、Windows 8.1で、.Net3.5を有効化する必要がなくなりました。
・定義比較機能の追加(V8.0.1.0以降)
新旧の定義の変更差分を抽出することができるようになりました。
・実行版のURL起動、コマンドライン起動時にユーザーパラメーターの指定が可能(V8.0.1.0以降)
ユーザー名、プロジェクトID、タスクNO以外に、5つまでユーザパラメーターを指定することができるようになり、システムパラメーターから取得できるようになりました。
・ログバックアップツールの提供(dbSheetClientサーバ版のユーティティとして提供)
コマンドプロンプトで実行(dbSheetClientのシステム管理者権限ユーザが必要)
サーバのログ情報をログファイルにバックアップします。
サーバのログ情報を削除できます。(削除前にバックアップの有無を選択できます。
バックアップや削除の件数を確認できます。

セミナーへのお申し込みはこちらから

レイアウト調整

Copyright © 2007 NEWCOM CORPORATION All Rights Reserved.
デザイン要素